「するどい 質問力」

質問で自分と相手の行動をより良くしていくために、
「話し方」「聞き方」にフォーカスを向けた本をよく読みます。
今回は『するどい「質問力」』より、普段自分の業務での対応と
重ねて、これは大事なんだよなぁと思えた内容に絞って載せていきます。

質問力を鍛えるメリット

相手のニーズを的確に引き出す質問を積み重ねていくと、
それにかなう商品・情報を提供することが出来、成果に直結していきます。

どうして質問力なのか

「質問」は、「分からないことを聞く」という目的のためだけに
使うものではありません。
問題を発見・解決、説得する、誘導する、決断をする、
コミュニケーションを円滑にする、議論に強くなる、、、
これらは「質問」の力で手に入れることが出来ると考えます。

質問力を高めるためには

明確な質問が明確な答えになる(5W1Hを意識)

  • なぜ(why)
  • 何を(what)
  • 誰が(who)
  • どこで(where)
  • いつ(when)
  • どのようにして(how)
相手から車を買い替えたという話をされた
 なぜ(why)       「なぜ、車を買い替えるんですか」
 何を(what)        「車を選ぶとき何を一番大事にされましたか」
 誰が(who)      「どなたが乗られるんですか」
 どこで(where)     「どこで買われたんですか」
 いつ(when)       「いつ買い替えたんですか」
 どのようにして(how) 「おいくらだったんですか(how much)」

明確である必要がないような雑談の場合

なぜ(why)は基本的に使わない。
 「なぜそれが好きなのですか?」
 「なぜそれが楽しいのですか」
 →「なぜって、、、私の勝手じゃないかい?」
  って話す気なくなるケースもありえますね。

なぜ(why)以外の言葉に変換してから使用しましょう
 「それの魅力はどのようなところ(what)ですか」
 「それを楽しむにはどうしたら(who)いいのでしょうか」

その質問の正しさを自問する(相手に質問する前に3つ自問する)

その人に聞くのが適切か

  • 得たい情報を持っているか
  • 専門知識を持っているか
  • 情報を得るための人脈を持っているか

どのように聞くのが適切か

  • 質問の目的が明確か
  • 「自分がわからないところ」が分かっているか
  • 相手が答えやすい質問を用意しているか

その人は問いかけに答えてくれるか

  • 急ぎの仕事に追われていないか
  • 自分との人間関係はどうか
  • 機嫌が悪くないか

以上!

基本は5W1H !
それを意識した上で、必要性、明確化、相手へのリスペクトを忘れずに!

おわりっ

タイトルとURLをコピーしました