【雑談】接触冷感素材ってどうなのだろう【その他素材でも?】

life style

もう夏の定番になりつつある接触冷感系のベッドや枕のカバー。
自分も使用しておりますが、触り心地はひんやりして気持ち良いですね。
しかし、接触冷感とは、接触時にひんやり感を感じる効果であるため、ずっと冷たさが続くものではありません。
つまり、寝ている状態を継続した場合、接触冷感系以外との差はありませんので、今回簡単に記事にしていきます。

接触冷感以外なら何があるのか(良いのか)

  • 麻(リネン)
  • テンセル
  • レーヨン
  • キュプラ
  • 加工綿

最大熱吸収速度(q-max)・吸放湿性・吸水性の観点からして、圧倒的に「麻(リネン)」が良いとされており、少し良いホテル以上なら普通に見かけますね。

耐久性に優れており、速乾性も良く、洗濯してもへこたれないため長きにわたって使用できるのも選ばれる理由かと思います。

洗濯頻度と注意点

種類は問わずですが、洗う頻度としては週1が良いです。

洗い過ぎて素材の質を下げるのも良くないですが、洗わず雑菌が増えると背中ニキビの原因となります。清潔にしましょう。

(なお、キュプラやレーヨンは縮みやすく、基本的には水洗いできません。)

また、その他、接触冷感系も含め乾燥機はNGなものがほとんどです。素材の都合上効果が無くなってくるようですね。同じ行為で、日干しも良くありません。とりあえず、熱から避けるよう意識しておけばよいと考えます。

カバーを購入される際には、ご自宅の洗濯機で洗える素材かどうかも確認しましょう

なお、洗濯ネットが必須かどうかで言うと、必須ではないと思います。ただし、洗濯機の中でも汚れ移りの可能性はありますので、それを軽減する意味合いでネットを使うのがおすすめです。

接触冷感の利点

これについては圧倒的に初期コストが低い点だと考えます。

また、麻などの天然素材の場合、最初のうちは洗濯時に綿くず的なものがよく出ますね。そういった懸念や手間が少ないのもメリットだと思います。

買い替え頻度が高い人なら、接触冷感系でしょうし、買い替え頻度が低く、清潔に管理できるのであれば、麻(リネン)などのほうが良いでしょう。

こういったコスパを考えるのも重要だと思います。

おすすめの接触冷感ベッドカバー

現時点では、ニトリの「Nクールダブルスーパー」がとても肌触りが良いですね。

使用感としては、、、、すごく冷たいかというと、言うほど冷たくないです。
ひんやり感だけで言うと、ドン・キホーテとかで販売しているもののほうが冷たい気がしました。ただし、長くは続きませんが。

なぜ、これが良いかというと、先にも触れた肌触りです。
吸放湿性も高く、さらさらした感触が、涼しさを演出していると思います。

購入前において、「Nクールスーパー」とどっちが良いのだろうかと悩みはしましたが、ニトリが出しているエビデンスや口コミ的に「Nクールダブルスーパー」のほうが高評価だったので、こちらを買いましたし、オススメしておきます。

(個人的にはこのベットカバーより、Nクールのミニタオルケットのほうが冷たくて良い買い物したなと思ってますが)

まとめ

  • 接触冷感系以外にも涼しさを感じられる素材はある
  • 洗濯は小まめにしよう
  • 現状オススメは、ニトリの「Nクールダブルスーパー」

おわりっ

タイトルとURLをコピーしました