【学習】Adobe premiere ProでLINE風表示の作成

動画編集


LINE風の動画を作りたいという案件がちょこちょこあるので学習中です。
今回はそんなところでのメモ ( ..)φメモメモ


LINE風動画の作り方

使用するもの

  1. ラインアイコン
  2. テキストボックス(本文)
  3. テキストボックス(時間)

上記3つのシーケンスを用意します。

これらのシーケンスの尺は長めにしておいてください。

作成方法

最初の右側アイコンの動作を登録

※ここでは2と3を同じトラックに入れてます。


スケールなどのモーションを登録しておく

LINEというかSMS系は、表示が早いイメージがあるので、以下のように設定。

  • 右用アイコンには、2フレームくらいでスケールで0から100%へ
  • 右用テキスト本文を作り、アイコン100%状態から1フレームくらいで不透明で0から100%へ
  • 右用テキスト時間を作り、アイコン100%状態から1フレームくらいで不透明で0から100%へ

上記3つを右クリック→ネストする。
そして、ネストしたシーケンスにトランスフォームを適用。位置を上にずらすモーションを適用。


アイコンが100%状態の位置でカットしておく。

あと、「トランスフォーム」を右クリックして、インポイント基準でプリセット保存してください。


左側アイコンの動作を登録

上にズレるタイミングを確認して以下の左用を作成する。

その為に、先にネストしたシーケンスをダブルクリック。

ネスト前のシーケンスが表示されるのでコピーして、ネストシーケンスの上に貼り付け。

そして左用アイコンに、エフェクトから「水平反転」を適用。


次にエフェクトから「RGB カーブ」を適用して、エフェクトコントロール画面で色が変更できるようになるので、それを変更。


ネストシーケンスから文字もコピーしておく。


出来た左側用の2つをネストする。


次に、カット後の方と左用のをネスト。位置はどちらもアイコンが100%表示されている位置で行ってください。


新たに出来上がったネストシーケンスで、アイコンが100%表示されている場所でカット。

そして、カット後のネストシーケンスに、先に保存したプリセットを適用。

これで、2つのアイコンが上に行きます。

ここから、次々と同じことを繰り返すことになります。

言ってしまえば、アイコン作る→モーション適用→ネスト→アイコン作る→….をループするだけのようです。

ゆっくりにしたいなどの場合は、ネストに適用するトランスフォームでのタイミングや、カットの位置を調整してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました