【流行り物レビュー】28℃で凍る不思議な冷却グッズ「アイスネックリング」【夏前に買っておこう】

life style




28℃以下になると凍る不思議なネッククーラー「アイスネックリング」。

アイスネックリングは、『PCM素材』を採用し、28℃以下の涼しい環境であれば自然凍結します。あとは、首につけて動脈を冷やすことにより効率的に体温を下げることが出来ます。

夏に近づくにつれて需要が高まっており、通販サイトでは売り切れも目立ってきております。



アイスネックリングが売れている3つの理由

28℃以下の環境で自然に凍結できるので冷蔵庫要らず。

アイスネックリングは、28℃以下で凍結が始まるので、少し涼しくした室内に放置しておくことで凍結できます。
仕事先など涼しい室内に入って外す際には、そのままカバンに入れておけば次に装着する際には凍っています。

冷えすぎるわけではないので凍傷の心配など無し

冷えすぎたものを首に装着すると、凍傷や体の冷えの元になります。
アイスネックリングは、氷とは異なり、冷たすぎることはありません。
28℃付近をキープしており、人間の体温が36℃付近と考えると-8℃の差になります。

軽くて首につけてても違和感がない

首にかけるタイプの送風機は、かさばりますし、首にかけるとやはり装着感が強いです。
アイスネックリングの場合は、軽くて首にフィットするので、装着感は感じにくいのも特徴です。



売れ切れ御免! 期間限定クーポンを使いお買い得に。

アイスネックリングは、大体2,000~5,000円程します。2,000円切るところもありますが、発送の問題など店の質が良くないところも目立ちます。
多少高くても、楽天ならクーポン適用できる店も多くあり、ポイントも付くので、表記よりも割安で買うことが出来ます。

商品説明

今回のピックアップ
販売元 保護フィルムのColorful(楽天市場)
価格 2,980円
送料 無料
サイズ  S/M/L 
重さ 約124g


効率よく冷やすためにも首にフィットさせる必要があります。

その為、普段の服のサイズのワンランク下を目安にしてください。(M⇒S)
大きいタイプを買うと密着しづらくて効果減少です。





アイスネックリングの使用感

元々は電動の首掛けクーラーを買ったりしてましたのでその比較になりますが、
まず冷たさで言えば、瞬間冷却機能付きの首掛けクーラーの方が冷たさは感じます。

なお、最新のでも送風機能は全然風を感じれず、冷却機能で冷やすだけを目的に使うことになりました。
しかも、機械なので若干大きく、出力を上げると逆にファン部分が熱を持つのも難点です。

対して、アイスネックリングも、触ると冷たさは実感できます。
冷たすぎることもありません。
温度が30℃超えの地域で付けて歩いていても、30分くらいは首元を冷やしてくれますので、通勤などの外出時には必ずつけるようにしています。

仕事場は涼しいので、カバンに入れて放置しておけば、凍ってくれるのも良きです。
私は基本的にモバイルバッテリーなど持ち歩かないので、充電式のネッククーラーでは電池切れで使えないという事態に遭遇しやすいですし。

まぁ、個人的には、スーツの襟と接触しなくなるので、襟汚れを防いでくれるのも利点だと思ってます(笑)






対比される製品たち

携帯式扇風機

毎年おなじみの持ち運ぶ扇風機。
最近では首にかけるタイプもありますが、髪が長い人は要注意。
また、手で持つタイプがまだ主流ですが、手が塞がるのがネックですね。


ちなみに私が今年買った中で一番良かったのはエレコムの最新版「Flow Flow Flow」でした
小さいのに一番弱い出力でも、十分な風を感じられます。
一つ前の型が「Flow Flow」です。何が変わっているのか良くわかりませんが、とりあえずこういうのは最新が安定だと思います。



瞬間冷却機能付きネッククーラー

羽無しの扇風機機能となりますが、2022年時点でも風量が弱いのが大半の様子。
羽付きの本当に扇風機みたいなタイプはまだマシと言えますが、髪に絡まる可能性があるのがネックです。

代わりに冷却機能については、性能が良いのが多く、首を冷やすことだけを目的としたならば、こちらを買っても良いと思います。
例えば、ライブ会場のような人が密集して、音も気にする必要もなく、暑い場所ではこういう機械の方が有意義でしょう。

ただし、普段使いにしては大きかったり、充電の都合上モバイルバッテリーも一応持ち歩いておいた方が良いなど、何かしらかさばるのが欠点です。

ちなみに、買う場合は、首の後ろ側に冷却部が付いているものを選びましょう。前の方にだけ付いているものもありますが、首に当たりにくいため自分で位置調整などしなくてはいけなくなります。




とりあえず、一本持っておいて良い。

熱中症で病院のお世話になろうものなら、仕事を休んで給料が減り、病院代で痛い出費になります。
今年の暑い夏を乗り切るためにも、事前に、このような対策グッズは前向きに購入していって良いと思います。

読んでくれてありがとうございます。おわりっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました