【原神】神里綾華を使ってみた感想

ゲーム


ver2.0で日本をモチーフにした地域「稲妻」が実装され、同時に新規登場したキャラ「神里綾華」。
移動はモナと同じく地面に潜っての高速移動。
氷元素を主体としたアタッカーであり、対単体での対集団でも活躍できるキャラになっています。

通常攻撃

重撃が、とにかくカッコよく、複数の敵にヒットするため、集団戦においても有効打になります。

通常

1段目

抜刀からの一閃

2段目

袈裟懸けでの一閃

3段目

回転から薙ぎ払い一閃

4段目

連撃

基本的に、この連撃のあとに重撃を発動するのがDPS上よいとされています。

5段目

抜き身からの突進(るろ剣あたりでこんな技ありましたよね)


重撃

 横に関して3体分の範囲があり、範囲内の敵1体ごとに3撃を見舞います。

 なお、これはターゲットとなった敵を中心としての範囲のようで、重撃発動時から敵が移動してたとしても、自分を中心にキャラ2体分の範囲であれば相手に当たるようです。

 そのためターゲットとなっている敵が自分に突進してすり抜けていった場合でも攻撃が当たります。その際、近くの敵にも重撃が発動します。

↓崖側に居た敵がすり抜けて後ろに回られても攻撃は当たりました。


 ターゲットが居ない場合、キャラ2体分先に斬撃を入れます。その為、木などに当たらない場合がありますので注意が必要です。


元素スキル

 自身を中心に中範囲の氷元素ダメージとノックバックを与えます。


 雑魚敵の場合はノックバックが発生しますが、確定ではなく、攻撃モーション中に発動してもノックバックしない場合があります。


元素爆発

 自身の目の前に渦を発生させ、渦は徐々に前進していきます。この渦に吸引能力はありません。
 渦に入った敵は、連続で氷元素ダメージを受け続けます。その際に雑魚敵にはノックバックが発生しますので、前進しつつも敵が範囲外に逃げることを防げる場合があります。
 逆にノックバックした結果、横に逃げられる場合がありますが、、、


 発動時間は5秒と短いですが、ダメージは秒間3撃が高速で入り、ダメージ自体も高いため、アビスの使途などのバリアを多大に消費させることができます。


 2凸で、更に中央の渦の外側に低ダメージの渦が追加されますが、小さい敵の場合、しっかり近づかないと1つも当たらないことが多いです。
 また、正面に進むのではなく80℃程の角度で外側に進んでいくのも当たりにくい要因となっております。
 しかし、範囲が広くなるので、大型や対複数の場合、有効になってくる効果だと思います。



天賦の優先度

 元素スキルはひとまず置いておいて良いと思います。

通常攻撃 >= 元素爆発 > 元素スキル

 元素爆発の方を優先した方がよさそうと思われそうな火力ですが、結局のところ通常攻撃+重撃でダメージを与えている時間の方が長いので、通常攻撃を伸ばした方がダメージ効率は良さそうです。


ガチャは引くべき? (2022/04/19再販おめでとう!)

 引いておいた方が良いキャラであるというのが現時点の感想です。
 ただし、凸に関しては無理してする必要はないと考えます。

 綾華自体は、対単体、対複数に高火力で制圧できるキャラです。
 また、レベル突破で会心ダメージが上がりますのでこれも火力に貢献されています。

 現状では、甘雨やガイアなど一定間隔で氷元素を付与できるキャラはいますが、通常攻撃のように連続して氷元素を付与できる単独キャラが存在しないのもある種の優位性だと思います。
 他の優位性として、モナと同じく、地面や水面に潜って移動するため、海での移動が楽になる程度の利点はあります。
 更にダッシュ後は氷属性を付与しますので、攻撃すれば海面を凍らせることができますので、海を長距離渡れたりします。

 登場時から螺旋でよく使われるくらい完成度の高いキャラですので、一体どうぞ。


タイトルとURLをコピーしました